焼酎が身体に良いって本当?

アルコールは適量を飲めば健康に良いということは、もう周知の事実であってその中でも特に本格焼酎はカラダに良い効果をもたらすようです。


焼酎にはウロキナーゼという成分があり、これが酵素を増やす効果があります。
さらにこのウロキナーゼは血栓を溶かす効果もあるのです。
血栓は動脈硬化や心筋梗塞の原因となっている非常に厄介なものなのですが焼酎に含まれているウロキナーゼには、その血栓を溶かしてドロドロの血液からサラサラの血液に変える効果があります。


血栓を溶かす効果は他のお酒にもありますが本格焼酎が特に効果が高いというわけです。ちなみにお酒を飲まなくても人のカラダには血栓を溶かす効果があります。
ただお酒を飲むとその効果が大きくなるということです。


ただし、これらのプラスの効果は全て適量のお酒を飲んだ場合です。酒は百薬の長なんていいますが適度なアルコールの場合ですので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。