焼酎の保存方法

焼酎は日本酒やワインに比べて保存が簡単といわれていますが注意すべき点はいくつかあります。


まずはお酒の大敵、温度変化です。焼酎も例外ではなく極端な温度変化はお酒の品質を劣化させることになってしまので注意が必要です。
ちなみに焼酎は常温で保存することが一番いいといわれています。


次に焼酎は空気に触れないようにするということです。
焼酎は空気に触れてしまいますと酸化してしまいまずくなります。
ですので、焼酎を保存する時は瓶を横に寝かせないで立てて保存しましょう。

そして焼酎が最も注意しなくてはいけないのが紫外線です。紫外線が焼酎に当たってしまうと温度が急激に変化して味が劣化してしまう上に紫外線は焼酎の品質も変化させてしまいます。だから紫外線には充分に気をつけて絶対に直射日光にならない場所に保管しましょう。


又、原酒や初留取は焼酎の中でも保存方法がちょっと変わっています。初留取はアルコールが高いので冷凍庫で保存しても凍ることがなく、初留取は冷凍庫で保存するのが良いとされています。それに比べて原酒は冷凍庫で保存してしまうと油分が分離してしまいまずくなってしまうので冷凍庫では保存しないようにしましょう。